ファシリテーショングラフィックで参加する、ワークショップ、講座、会議等の今後の予定と実績です。
随時追加いたします。
 

2014年

12月14日(日) フューチャーセッション@岡山就実大学 瀬戸内圏の未来 第四回男と女の未来
「教育、仕事、恋愛、育児等々、あらゆる場面で平等化が進む男女ですが、瀬戸内に暮らす男女のハッピーな未来とは?」
主催:SILLAFS(Social Innovation Laboratory for Local Act through Future Sessions:シラフ)
開催場所: 就実大学(岡山県)
12月7日(日) 瀬戸内圏フューチャーセッション in 神山『フューチャーセッション・ファシリテーター&ディレクター養成講座(実践編)』

講師/ファシリテーター
・ボブ・スティルガー博士(New New Stories Learning Journeys 共同代表/社会変革ファシリテーター)
【通 訳】 木村眞理子さん
■ ディレクター
 ・吉野 かずのりさん(徳島県の地域経済活性化を目指して地元密着型フューチャー セッションを開催しファシリテーターを実践している。医療法人鴨島病院作業療法士)
・関 麻里さん(千葉県より徳島県上勝町に移住して上勝町の地域づくり、地域コミニーティ等に深く携わる地元密着型ファシリテーターとして取り組んでいる)
・観元 眞人さん(フューチャー・コワーカーズ代表代理 / フューチャーセンター徳島センター長代理)
開催場所: 神山温泉(徳島県)
12月6日(土) 瀬戸内圏フューチャーセッション in 徳島『「対話」による夢の実現に向けてのフューチャーセッション』
講師/ファシリテーター
・ボブ・スティルガー博士(New New Stories Learning Journeys 共同代表/社会変革ファシリテーター)
【通 訳】 木村眞理子さん
■ ディレクター
 ・吉野 かずのりさん(徳島県の地域経済活性化を目指して地元密着型フューチャー セッションを開催しファシリテーターを実践している。医療法人鴨島病院作業療法士)
・関 麻里さん(千葉県より徳島県上勝町に移住して上勝町の地域づくり、地域コミニーティ等に深く携わる地元密着型ファシリテーターとして取り組んでいる)
・観元 眞人さん(フューチャー・コワーカーズ代表代理 / フューチャーセンター徳島センター長代理)

開催場所: 四国大学(徳島県)
11月30日(日) 瀬戸内圏フューチャーセッション in 倉敷 〜「大切な人といきたい倉敷の未来」×「フューチャーセッション」
講師/ファシリテーター
・ボブ・スティルガー博士(New New Stories Learning Journeys 共同代表/社会変革ファシリテーター)
■ 倉敷会場ディレクター
・林 俊克さん(地域活動のためのイノベーション創出を研究する任意団体SILLAFS (シラフ)主宰。就実大学経済学部教授 / 株式会社セットアップ客員研究員)
・長野紘貴さん(「Dialogue for Okayama」主宰)
開催場所: 岡山県倉敷市立倉敷物語館(岡山県)
11月29日(土) 瀬戸内圏フューチャーセッション in 明石@国立明石工業高等専門学校 〜セクターを超えた「対話」で明石の未来をつくるフューチャーセッション@キックオフ〜
■ 講師/ファシリテーター
・ボブ・スティルガー博士(New Stories 共同代表/社会変革ファシリテーター)
■ ディレクター
・大塚毅彦さん(都市計画・生活空間計画が専門 ユニバーサルデザイン&インクルーシブデザインのまちづくりに取り組んでいる。国立明石高専建築学科教授)
開催場所: 国立明石工業高等専門学校(兵庫県)
11月22〜24日(土・日・月) 徳島大学上勝学舎 地域再生人材創出講座
実施者:徳島大学地域創生センター
連携者:上勝町
講演、ワークショップでのグラフィックレコーディング
開催場所:上勝町 山の楽校
10月18日(土) ふくしまーとくしま・ともに輝こうプロジェクト ふくしまの今〜震災後3年半の現状から考える〜
映画「いわきノート」上映(制作:筑波大学創造的復興プロジェクト)、制作者・出演者によるトークショーとワールドカフェ
主催:徳島大学プロジェクト研究誼羯拡
開催場所: :徳島大学常三島キャンパス共通教育4号館402講義室
10月18日(日) とくしま移住者交流フューチャーセッション
主催:徳島県 制作創造部地域振興局 地域創造課集落再生室
開催場所: ホテルサンシャイン徳島
9月28日(日) 平成26年度第1回上勝学講座「未来をつくるリーダーシップ〜内省と対話で地域を変える。組織を変える〜
講師:八木 陽一郎 氏(元香川大学大学院教授/ユニティガードシステム株式会社代表取締役)
主催: 徳島大学 地域創生センター 上勝学舎
共催: 上勝町
開催場所: 上勝町福原ふれあいセンター
9月6日(土) 美馬青年会議所主催 「剣山ソロモンの秘宝伝説シンポジウム」
講演:月刊ムー 編集長 三上丈晴氏
パネルディスカッション/パネラー:ソロモンの秘宝著者 栗嶋勇雄氏、白地山地蔵寺住職 粟飯原興禅氏、そらの郷 出尾宏二氏、つるぎ高等学校の中山先生、佐條君、美馬青年会議所 吉野氏
開催場所: つるぎ町就業改善センター

>>ブログ記事「美馬青年会議所主催 「剣山ソロモンの秘宝伝説シンポジウム」
8月5日(火) 上勝学舎「地域の宝を活かすまちづくり」〜熊本県山都町の「じゅんぐり舎」の活動から学ぶ
講師:まちづくり会社「じゅんぐり舎」代表 高野清華氏
開催場所: 上勝町
7月26日(土) ふれけん祭
おまつりのファシグラ!?
開催場所:徳島市ふれあい健康館
7月30日(水) なかなかツーリズム研究会ワークショップ「地域資源を活かした体験プログラムを作るワークショップ」
講師:財団法人とし農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう) 宍戸信一氏
開催場所: 那賀町
7月22日(火) なかなかツーリズム研究会ワークショップ「地域資源の体験プログラム化」

開催場所: 那賀町
7月15日(火) 鳴門教育大学 講座「マルチメディアと教育技術」
講師:水口 知己氏(株式会社ベクトル 代表)/小川 一氏(小川一デザイン事務所)
開催場所: 鳴門教育大学
7月8日(火) 平成26年度第1回創造学習講座「未来をつくるフューチャーセンター〜石巻の復興まちづくりの実践から〜」
講師:岩井 秀樹 氏(一般社団法人こはく 石巻フューチャーセンター 代表)
開催場所: 上勝町福原ふれあいセンター
主催:徳島大学 地域創生センター

>>ブログ記事「フューチャーセンターってなんなのさ
6月10日(火) とくしま女子旅」ワークショップ
開催場所: 徳島大学総合科学部1号館
主催:徳島県・徳島大学 地域創生センター
5月25日(日) フューチャーセッションin 徳島「未来をデザインしよう!ファシリテーター養成講座
講師/ファシリテーター
・ボブ・スティルガー博士(New Stories 共同代表/社会変革ファシリテーター)
・八木 陽一郎(元香川大学大学院教授/ユニティガードシステム 株式会社代表)
・佐野 淳也(しこくソーシャルデザインラボ代表/徳島大学地域 創生センター助教)
・玉有 朋子
通訳: 木村眞理子さん(高松市観光交流課)/ ランス北さん
5月24日(土) フューチャーセッションin 高松「対話による協調アクションを生み出すフューチャーセッション
HAPPY!FUTURE in 高松セッション
ファシリテーター
・ボブ・スティルガー博士(Transformatio n Institute 創立者)
・八木 陽一郎(元香川大学大学院地域マネジメント研究科教授/ ユニティガードシステム株式会社代表取締役)
・玉有 朋子
4月13日(日) 未来ダイアログ in 神山『 ソーシャルクリエイティブで行こう!』
メイントーク・ゲスト
・谷崎 テトラ(構成作家 / 一般社団法人ワールドシフトネットワーク 代表)
http://tetra4.wix.com/home
・大南 信也(NPO法人グリーンバレー 理事長)
ダイアログ参加ゲスト(順不同)
・廣瀬 圭治 (株式会社キネトスコープ 代表)
・長岡 マイル (映像作家)
・神先 岳史 (Kamiyama Eleven Project)
・祁答院 弘智 (株式会社リレイション 代表)
・吉田 絵美 (三好市地域おこし協力隊 / NPO法人 マチトソラ 理事)
・野田 雅之 / 高橋 利明(建築家 / LAN-Local Architect Network)
・永原 レキ (株式会社トータス 海部藍AWA*ii プロデューサー)
・ノダ タケオ(ライブメディアクリエイター/WEBシステム& サーバーエンジニア )
□ ファシリテーター:
・佐野 淳也(しこくソーシャルデザインラボ代表/徳島大学地域 創生センター助教)
・玉有 朋子

開催場所:神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス
主催:NPO法人 グリーンバレー・しこくソーシャルデザインラボ(SoLab.)
2月28日(金) とくしま女子旅」ワークショップ
開催場所: 徳島大学総合科学部1号館
主催:徳島県・徳島大学 地域創生センター
1月13日(月・祝) 徳島大学薬学部国際シンポジウム「地域からはじまる創薬と薬学教育〜生薬と生物多様性、そして地域医療への展開〜」サテライトイベントin上勝


2013年

12月8日(日) 第2回上勝学講座「僕たちは島で、未来を見ることにした
講師:阿部 裕志(株式会社 巡の環 代表取締役)
開催場所:上勝町福原ふれあいセンター
主催: 徳島大学 地域創生センター 上勝学舎
共催: 上勝町
11月30日(日) 平成25年度徳島大学タウンミーティング「美波町の未来をつくろう
場所:美波町由岐公民館2階 大会議室
主催:徳島大学地域創生センター・徳島大学美波町地域づくりセンター共催:美波町
11月24日(日) 徳島大学地域創生センター上勝学舎主催 「平成25年度 地域再生人材創出講座
公開講座「6次化商品開発にみる成功の秘訣と視点」小松一之(株式会社Model Village代表取締役)

やまざきゆにこさんの個人向けワークショップに参加しました。

昨年から「とにかくはじめてみよう!」と、勢いで始めてしまったファシグラですが
私がその存在を知ったのは、技術評論社でやまざきゆにこさんが連載されていた「モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!」を読んだことがきっかけです。
いつかゆにこさんが描いているところを観てみたいな〜と思っていたところ、個人WSをされると知り、即座に申し込みました。

参加して本当によかった。
私がファシグラをしていて悩んでいたところを解決できそうなヒントをいくつも頂きました。
ゆにこさんのグラフィックファシリテーションの流れを備忘録として、メモ描きと一緒に書き留めておきます。

1)グラフィックレコーディング

そうそう。脊髄反射で耳ダンボで描くしかない!
乗ってくると余計なものまで描いてしまいますが、ありのままでいい!とのこと。
わからなくても「こういうこと?」とひとまず描いておくと、あらたなツッコミ(参加)を生むきっかけになるそう。なるほど。
※ゆにこさんは事前準備として、会議やWSの資料等を読み込んでいくそうですので、なんでもかんでもひとまず描いているわけではありません。

2)グラフィックフィードバック
描いただけでは終わらないよう、描いたものを説明して、情報を共有する"フィードバック"を行ないます。
うまく説明する必要はなく、絵の理由も後付けで出てくる言葉を口に出しているそうです。


3)グラフィックダイアログ

フィードバックを元にして、対話をします。
この時間を設けることで、情報を共有するだけでなく”感情の共有”を行ないます。
平たく言えばツッコミをもらいます^^
 
付箋を使った感情の共有手法
感情の共有手法としてなるほど!と思ったのは
参加者に、フィードバックで気になったところに付箋を貼っていってもらう、ということ。付箋の多さで、どの部分が皆の注目を集めているか可視化されますよね。
私も早速取入れようと思います!

ツッコミを生む未完成な絵
また、1)のグラフィックレコーディングに「ツッコミ(参加)を生むきっかけ」と書きましたが、綺麗に書くイラストとファシグラの決定的な違いという話もまた腹落ち。
完成されたイラストよりも、ファシグラの、ゆるいくて未完成の絵の方が、皆が参加するきっかけになる"隙"を産み、「自分たちで描いている」という意識を持ってもらえるとのこと。

普段の会議などでは言えない曖昧さの中に本当のことがひそんでいる…
それを表に浮き出していくのが醍醐味。

竜巻に巻き込まれるようにみんなを巻き込んで上昇していくファシグラ、私も描きたい!


※最後はストーリーテリングではなく、グラフィックレポートだったようです。やまざきゆにこさんから訂正をいただきました。
詳細はゆにこさんのサイトをごらんください。

グラフィックファシリテーション.jp
グラフィックファシリテーションとは1


番外:ネガから考える「本当にありたい未来」
「明るい未来について」考えるワークショップ、私も何度かファシグラで参加していますが、「ここでなくても良い」「ありきたり」な意見ばかり出てきてしまうという経験はないでしょうか?
このゆにこさんの講座の中で、一番なるほど!と思ったのは、ポジ部分にばかり焦点を当てるのではなく"ネガティブな部分を考える"という話
ネガを考えるということは、実際今困っていることから考えていくわけですから、独自の個性が出てきます。
そこから「本当はこうだったんだ、こうしたかったんだ」という答えがでてくれば、それはありきたりではなく、その会社やコミュニティ特有の解になる。
なるほど。わたしも本業のWEB制作の時はそこからはじめてるぞ。
ファシグラでもこういう部分を掬いとって、紙の上に可視化させていけるようにならねば。目の前が開けてきた。

来週の上勝学舎でのファシグラに、早速活かしたいです!

平成26年度第1回創造学習講座「未来をつくるフューチャーセンター〜石巻の復興まちづくりの実践から〜」を開催します[7月8日(火曜日)]
徳島大学上勝学舎での、地域課題の解決、新たな価値創造のための少人数講座「創造学習講座」です。
平成26年度第1回は、宮城県石巻市で復興まちづくりに向けたフューチャーセンター活動を実施されている岩井秀樹さんをお迎えし、東北での実践から私たちが何を学ぶことができるのかを共に考えます。

FaceBookのイベントページはこちら

 

4時間30分集中GFワークショップ <超・入門コース>
ワクワクする未来へ みんなで最短距離で進むためにモヤモヤ会議に グラフィックファシリテーション
2014年6月28日(土)13:00〜17:30 @渋谷

5月24日,25日と二日連続で、フューチャーセッションのファシグラをさせて頂いて
手早い準備の重要さを再認識したので、突如ロール紙の貼り方など。
壁に貼る図

5月24日、25日に、立て続けに"フューチャーセッション"でのファシグラの機会をいただきました。
"フューチャーセッション"とは、組織内外、立場の違い、専門分野等のセクターを超えた対話で未来をつくる場、対話にとどまらず、アクションにつなげていく場だそうです。
私も体験するのは初めて。どんな場になるのか、いまから楽しみです^^

東京のIT企業のサテライトオフィスが集まる徳島県神山で開催された、「地域を面白くする未来の働き方」を考えるダイアログ
未来ダイアログin神山「ソーシャルクリエイティブで行こう!」
(主催 NPO法人 グリーンバレー ・しこくソーシャルデザインラボ(SoLab.))
で、今年度最初のファシリテーショングラフィックとチラシデザインを担当させていただきました。
 
ソーシャルクリエイティブで行こう!ちらし

メインゲストには、マガジンハウスcolocalの「未来を創るニッポンの現場」を全国で取材する構成作家 谷崎テトラ氏と、「やったらええんちゃう(Just Do It)」精神で神山町のまちづくりを進めるNPO法人グリーンバレーの大南信也氏。
後半には、メインゲストのお二人に加え、徳島県内各地で地域をおもしろくしているソーシャルクリエイター10名、参加者のみなさんとの、ワールドカフェを使った対話を通し「地域を面白くする、クリエイティブな生き方」を考えて行きました。

0413facigra