9月6日(土)、つるぎ町にて美馬青年会議所主催 「剣山ソロモンの秘宝伝説シンポジウム」が開催されました。
剣山に、古代ユダヤの王、ソロモンの秘宝が隠されている…!?という伝説があるそうで、この伝説を町おこしに活用するためのシンポジウムとのこと。
ソロモンという言葉はうっすら聞いたことがあるけれど…どうやったら徳島と繋がるの…!?と興味津々で参加させていただきました。

シンポジウムは、日本一怪しい!(と紹介された)月刊ムー 編集長 三上丈晴氏の講演「剣山に隠された古代ユダヤと日本創生の秘密」と、パネルディスカッションの二本立て。
講演では、ソロモンの秘宝とは?なぜ徳島にあるのか、という解説を。
パネルディスカッションでは、「ソロモンの秘宝」の著者 栗嶋勇雄氏、地元、白地山地蔵寺住職 粟飯原興禅氏、そらの郷 出尾宏二氏、つるぎ高等学校地域ビジネス科の中山先生と生徒さん、そして美馬青年会議所 吉野氏をパネラーに迎え、ソロモンの秘宝をつるぎ町の観光資源として、どう活かすか意見が交換されました。
ソロモンと剣山の関係についてのお話も意外性をはらんだとても面白いものですが、地元の方の、伝説を剣山の魅力の一つ、価値の一つとして捉える目線も大変興味深く、今後どんな展開をしていくのか、わくわくするディスカッションでした。

内容が、とても絵で表現しやすいものだったこともあり、今回のグラフィックは漫画要素が多い楽しいものになりました。
今回はファシリテーションしていないので、グラフィックレコーディングですね。


上図をクリックすると、大きいサイズで見ることが出来ます。



講演やパネルディスカッションを始める前に、登壇者のみなさんの似顔絵を描くようにしています。
あとで見返した時に、思い出しやすそうというのと、ディスカッション中の絵の中に表情つきの似顔絵を繰返し入れる事で
書き留めた言葉がイキイキして来る気がします。

今回は子供から高齢者までのさまざまな参加者がいましたが、休憩時間等に会場の横に設置されたグラフィックを見に来て下さり、振返りに使って頂きました。

長い!

とても面白いシンポジウムで描く機会を頂きました。美馬青年会議所のみなさま、ありがとうございました^^
 

「剣山ソロモンの秘宝伝説シンポジウム」
開催場所: つるぎ町就業改善センター
主催:美馬青年会議所主催
参加者:約300名

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM